絵画道楽のすすめ

絵画道楽のすすめ

絵画をテーマにしたWebサイト 有名画家や幻想画家など画家や絵画の情報を掲載しています。
トップページサイトマップ有名画家一覧幻想画家一覧
画像

ミレーフランソワ・ミレー

ミレー 「バルビゾンを代表する画家」

産業革命が進む19世紀フランスでは、人々が都会を目指す一方で、農村に住んで自然を描く画家たちがいました。彼らが住んだのがパリ郊外の「バルビゾン」。
特にミレーは風景画に加え、時には過酷な側面を持つ自然の中で、大地を耕し生活する貧くも純朴な人々を描きました。そしてそれらの現実的な絵画を急速に都市化が進み、豊かさを増していくパリで発表し、都会の人々に衝撃を与えました。
ミレーの作品には、ふるさとへの想いが本当に溢れています。

ミレーの絵画作品

春
ミレーが本当に描くべきものを見つけた場所。それは”芸術の都・パリ”ではなく、美しい自然と農民たちが共に暮らす場所、バルビゾンでした。
「私の死はまだ早すぎる。 いまやっと・・・自然や芸術がわかりかけてきたというのに・・・。」
ミレーは最後にそんな言葉を残し、この世を去りました。
まばゆい自然の風景。本当に美しい世界です。自然の生命力が、キャンバスいっぱいに溢れた作品。画面中央、木の下に描かれた人物は、ミレー自身でしょうか・・・?

落ち穂拾い落ち穂拾い
いま、日が暮れようとしている中で、黙々と落穂を拾い集める貧しい農民たち。
富む者と貧しい者・・・。
遠くはなれた場所にある、高く詰まれた稲穂の山が、その貧富の差を表しているかのようです。

「誰かのために毎日を精一杯生きる者こそが、何よりも神聖で尊い存在なのだ・・・。」
働く農民を賛美した画家・ミレーが描いた、
空想上の神より尊い、働く者たちの姿です・・・。

トップページ 有名画家一覧 幻想画家一覧

Copyright (C) 絵画道楽のすすめ, All Rights Reserved.