絵画道楽のすすめ

絵画道楽のすすめ

絵画をテーマにしたWebサイト 有名画家や幻想画家など画家や絵画の情報を掲載しています。
トップページサイトマップ有名画家一覧幻想画家一覧
画像

ラファエロラファエロ・サンティ

ラファエロ 「聖母の画家」

ラファエロは数多くの宗教画を描きました。ラファエロの描く美しい女性は、「西洋絵画の」美の基準として後の芸術家に大きな影響を与えていったのです。

当時の宗教画は、誰がキリストで誰がヨハネか。または、誰が神で誰が人かをハッキリと描き分けることが風習としてあり、それぞれの絵にもそんな要素が反映されています。

ラファエロの描く人間味溢れる優雅で美しい絵画は、「人間性の再生」というルネサンスの風潮にふさわしく、「西洋絵画の美の基準」として親しまれていきました。

美の三代巨匠、ダ・ヴィンチミケランジェロ、ラファエロ、美の三大巨匠といわれる三人は、この時代に芸術の基盤を築いたといってもいいでしょう。

ラファエロの絵画作品

聖母子(美しき女庭師)聖母子(美しき女庭師)
ラファエロの代表的な聖母子作品「聖母子(美しき女庭師)」。
中央の女性が聖母マリア。
向かって右の幼児が洗礼者聖ヨハネ、向かって左の幼児がイエスとされています。

ラファエロの描く聖母子象は、穏やかな印象と幼児の愛らしさを含んだ作品であり、当時の人々から多くの支持を得、ラファエロの作品は、「美の基準」として扱われることになったのです。

特に幼児の身体の動きに見られる躍動感は、ラファエロと同じく美の三大巨匠の一人、ミケランジェロの影響が伺えます。

小椅子の聖母小椅子の聖母
またもラファエロらしい聖母子作品。(^^)
マリアの腕やイエスの脚が太いのではないかという意見もあるものの、そう描かれているからこそ、この作品はぬくもりに満ちているのです。

ラファエロの描いた聖母子のなかで、最も母性に溢れた作品であると思われます。今も昔も、多くの人に愛され続けている聖母子象です。

ヴェールを被る女性(ラ・ヴェラータ)ヴェールを被る女性(ラ・ヴェラータ)
ラファエロが愛したパン屋の娘を描いたものとされています。
ラファエロはこの女性と恋愛関係にあったとされていますが、当時、権威ある人物の紹介で、別の女性との結婚を持ちかけられます。
野心を持っていたラファエロ。この絵の女性を心底愛していたものの、自らの野心を捨てきれず、婚約の話を受け入れたのです。

ラファエロは死の床までこの女性を忘れることはなかったといいます。



トップページ 有名画家一覧 幻想画家一覧

Copyright (C) 絵画道楽のすすめ, All Rights Reserved.